仮想デスクトップとは

仮想デスクトップは、VDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップ基盤)とも呼ばれ、テレワーク環境やセキュリティ強化を目的として導入されることが多い技術です。

仮想デスクトップは、パソコンの環境を仮想的な環境としてサーバ上で稼働させ、そこでアプリケーションやデータ処理を行います。

ユーザが操作するパソコンなどの端末は、サーバにマウスやキーボードの操作情報を送ることと、サーバから送られてくる画面情報を表示するために利用されます。

実際の処理はサーバ上で行われるため、ユーザが使用する端末自体が高性能である必要はありません。

操作するパソコンのディスプレイには、サーバから送られてくる画面情報が表示されるため、普段のパソコンとほぼ変わらない感覚で操作をすることができます。

パソコンを普通に操作する感覚で使用できるのですが、実際はパソコンとサーバの間で操作情報と画面情報をやり取りしているだけのため、ファイルデータなどは手元の端末には残らず、サーバ側のみに保存されます。

企業で仮想デスクトップを導入する理由はさまざまですが、サーバに接続できる環境であれば使える点と、操作するパソコン側にデータが残らないという特徴から、セキュリティ対策やテレワークでの利用に適しているといえます。

仮想デスクトップのメリット

    • 場所・端末を選ばない

 

仮想デスクトップでは、ユーザの操作するパソコンが仮想デスクトップに接続できる環境であればどこからでも利用できます。

加えて、操作端末はメモリなどのリソースを最低限にとどめたものであっても仮想デスクトップを利用することは可能です。

最近では働き方改革として在宅勤務を検討する企業も増えていますが、仮想デスクトップに接続できる環境であれば、社員の自宅から利用することもできます。

    • ハードウェア周辺のコスト削減

 

仮想デスクトップは、WindowsなどのOSやアプリケーション、各種データを集約したサーバと、手元で操作する端末を接続することで実現される仕組みです。

データの処理や保存はサーバ側で行われるため、操作するパソコンには、高性能なCPUやメモリなどのリソースは必要なく、性能を最低限にとどめた端末であっても業務を遂行できます。

したがって、ユーザ側で利用するパソコンなどのハードウェアは、安価なものを採用することで、機器調達のコスト削減が期待できます。

    • セキュリティの質を高められる

 

仮想デスクトップによってデータの流出などの情報漏洩対策セキュリティを強化することができます。

各端末にはデータが保存されておらず、各種データはサーバで一元管理されるので、万が一端末が盗難にあったとしても情報漏洩のリスクを低減させることが可能です。

また、各仮想デスクトップ環境はサーバに集約されているので、その管理作業を効率化できます。

例えば、ソフトウェアのセキュリティパッチ適用が管理者側で一元的に管理できるため、均一なセキュリティレベルを維持する作業を効率化できます。

さらに、各ユーザの利用している仮想デスクトップの状態を確認できるため、問題の発見や対応も効率的に行うことができます。

    • サーバによる集中管理で運用を効率化

 

仮想デスクトップでOSやアプリケーションはサーバで一元管理することができます。

例えば、アプリケーションやOSのアップデートなどを事前にチェックでき、ありがちなアップデートによるトラブルを未然に防ぐことが可能となります。

また、仮想デスクトップ環境がない場合は、パソコンが故障するとデータ復旧やパソコンの交換、初期設定など多くの手間がかかります。

仮想デスクトップを利用している場合、パソコンが故障したとしても端末を交換すれば、以前と変わらないデスクトップ環境を利用できます。

ベースとなる仮想デスクトップ環境をひとつ構築すれば、後はそのイメージを単にコピーすることで同じ設定の仮想デスクトップを簡単に増やすことができ、利用者が増えた場合でも、仮想デスクトップならばコピーすることで環境を用意することが可能です。

まとめ

仮想デスクトップはセキュリティ対策やテレワークで注目される仕組みであり、セキュリティ面をはじめとして多くのメリットがあります。

もちろん、仮想デスクトップ環境を稼働させるためのランニングコストはかかりますので、コストに見合った効果があるかの検討は必要です。

最近では、クラウドサービス型の仮想デスクトップもあり、初期費用を抑え、月額で利用していくこともできます。。

クラウドサービス型のものを利用するか、自社で仮想デスクトップ環境を構築するか、どちらが適しているかは予算と利用する目的により変わってきます。

仮想デスクトップで実現できることを把握したうえで検討を進めていくことが重要でしょう。

関連記事

『クラウド型仮想デスクトップの特徴』



『仮想デスクトップで解決できるテレワークの課題とは』

関連プラン

テレワークプラン-テレワーク用PC導入パック-

関連プラン導入事例

テレワークプラン導入事例