2種類のWiFi

クラウドという言葉が一般化し、多様なサービスが提供されています。
今回は、「クラウド管理型WiFi」を取り上げたいと思います。

この「クラウド管理型WiFi」に対して、一般に家庭などでも使用される自立型のWiFi機器をここでは「オンプレミス型WiFi」と呼びます。

これら2種類のWiFiは、企業のオフィスに導入・使用する場合、どのような違いがあるのでしょうか?



<オフィスネットワークプランの構成図&価格表はこちら>


クラウド管理型WiFiとは

クラウド管理型WiFiはクラウド上で無線アクセスポイントを一括管理できるWiFiシステムであり、特に多店舗・多拠点での導入・運用時にお勧めです。

オンプレミス型WiFiでは、設置するアクセスポイントごとに設定を行うことが必要となるため、導入する無線LAN環境が増えるほど運用管理が煩雑になりがちです。
一方でクラウド管理型WiFiでは、各アクセスポイントの設定をクラウド上で一括設定することが可能となります。

例えばオンプレミス型WiFiですと、設定変更の際には、現地にてアクセスポイントを設定し直す必要があり、管理面の負担がどうしても重くなりがちです。クラウド管理型では、たとえそれが離れた他府県の店舗や拠点であってもインターネットの接続環境さえあればクラウド上から設定の変更が可能となります。管理者が複数アクセスポイントを一元管理したい場合にはクラウド管理型が適しているといえます。

オンプレミス型でも、集中管理型の無線LANシステムを導入することで一元管理は実現できますが、アクセスポイントを管理するためのコントローラーの導入が必要となり、管理面とコスト面でやや負担が大きくなってしまいます。

こうした管理上の負担もですが、オフィスで利用するITの場合、故障時の備えも考えておかなければなりません。無線LANアクセスポイントが故障した場合、オンプレミス型ですと機器交換をし、再度設定する必要がある場合が多いですが、クラウド管理型では交換機に差し替えるだけで自動的に設定が反映されます。「あの会議室はしばらくWiFiが使えない」といった期間をできる限り短くすることができます。

最新の機能にバージョンアップする際も、オンプレミス型WiFiですと作業が発生しますが、クラウド管理型ならば最新のバージョンへの自動アップデートを実施することも可能です。

多店舗・多拠点での業務で使用する無線LAN環境であればこそ、クラウドで一括設定・管理が可能なクラウド管理型WiFiをご検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

『クラウド管理型無線LANの特徴』


関連プラン

オフィスネットワークプラン