1. 総務省が、「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン(第3版)」を公表しました。
    2018年に公開した第2版から約3年ぶりの改定で、クラウドサービスの責任分界の在り方が追加されました。国際的規格との整合性を取りつつ、読みやすいよう構成が見直されました。是非ご一読ください。

  2. 『クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン(第3版)』


  3. NTTドコモが、「NTTセキュリティ」などを装ったフィッシングSMSや不正なアプリによるドコモオンラインショップでのApp Store & iTunesギフトカード等の不正購入発生について発表しました。
    万が一、不正なアプリをインストールした可能性がある場合は、アプリをアンインストールするよう呼び掛けています。

  4. 『ドコモからのお知らせ【お客さまへの注意喚起】』


  5. SonicWallのリモートアクセス製品「SonicWall SMA100シリーズ」にあらたな脆弱性が判明しました。
    機器の設定を工場出荷時の状態に戻すことが可能で、管理者のアクセス権限を取得されるおそれがあります。

  6. 『SonicWall製のSMA100シリーズの脆弱性(CVE-2021-20034)に関する注意喚起』


  7. Googleが、「Windows」「macOS」「Linux」向けに最新ブラウザとして「Chrome 94.0.4606.71」をリリースし、ゼロデイ脆弱性などに対応しました。
    マイクロソフトもChromiumベースの「Microsoft Edge」について更新を行いました

  8. 『Google Chrome』